九四式軍刀 (3)0

九 四 式 特 注 外 装 軍 刀

九四式軍刀 3・4 | 軍刀 | 軍刀について | 軍刀制定勅令類 | 九四式(1) | 九四式(2) | 九八式軍刀
ページ内検索  九四式鮫皮巻き木鞘

九四式朱鞘外装・無名

     特注型: 無銘、古刀、( 刃長: 65.3p・反り: 1.7p )、鉄鞘 (朱光沢塗)、透かし鐔、全切羽装備、駐爪式、
                        尉官刀緒付 全長100.1p

                                    

朱色鉄鞘。鍔は金色。金具、柄糸は茶褐色。金属猿手









無名、古刀










第二佩鐶を外した状態



着脱式第二佩鐶の部品分解


   

正装・礼装で正刀帯に軍刀を佩く時以外は、通常第二佩鐶を外して略刀帯に一佩鐶で佩用していたその為、この第二佩鐶も殆ど使用されずに新品に近い




1
     

特注研出鮫皮巻木鞘

           特注型: 黄土色研出鮫皮巻木鞘、 透かし鍔、全切羽装備、駐爪式、佐官刀緒付



 鮫皮巻き木鞘と高品質金具に特徴がある。兜金と石突金具の桜花葉は貼り付けが一般的だが、
この外装金具の「桜花葉」は高彫りの一体整形品である



兜金上部: 柄の鮫皮は親粒付きで全体に粒が大きい








↑第二佩鐶(タイプ2)と研出鮫皮 ↓




    
            石突上部




透かし鍔の茶塗装はほとんど剥げている



(金谷幸司氏所蔵)



  2013年10月24日より 無料カウンター 直接ご訪問(経由を除く)
ページのトップへ
English edition
九四式(2)  九四式(1)  軍刀  九八式軍刀 →