Military Swords of Imperial Japan (Guntō)



      

幾多の将兵と 運命を共にした軍刀は、敗戦により没収され、その多くは廃棄された
軍刀は量・組織運用の両面から、日本刀剣史上、嘗(かっ)て例の無い一大分野であった
然しながら、戦争に関与したという丈の謂(い)われ無き偏見で無視され続けてきた
「歴史を無視する者は再び同じ轍(てつ)を踏む」ということを歴史が証明している
歴史を忘れてはならない。ここに軍刀の姿を留め、国に殉じた将兵への鎮魂とする






アッツ桜

雪と氷に覆われた北海の孤島アッツ島。年中霧に閉ざされた溶岩の島には草木一本無い
夏の僅かな期間、ツンドラの上に小さな高山植物が咲き乱れる
日本軍アッツ島守備隊2,638名は、強大な空軍と艦艇に支援された五倍の米軍と18日間に及ぶ激戦の末
食料・弾薬の尽き果てた昭和18年5月29日、残存兵力僅か150名をもって最後の突撃を敢行し、守備隊は全滅した
この時、初めて「玉砕」という言葉が使われた。日本軍最初の玉砕だった
彼らは、この美しい光景を見ることもなく散華した
今尚、日本軍将兵が静かに眠る無人の島で、これらの花々が唯一英霊達を慰めている



軍刀目次 全184page


軍刀外装 外装形式の変遷  軍刀各部の名称  鞘・駐爪・刀緒  外装金具  外装細部(4p)  軍刀式勅令類(7p)

軍 刀  九四式(3p)  九八式(12p)  太刀型(7p)  三式(5p)  搭乗員軍刀(3p)  三十二年式(3p)  九五式(5p)

     旧軍刀 (5p)  元帥刀 (3p)  贈呈刀 (4p)   軍刀剣  海軍短剣 (6p)  指揮刀  砲兵刀  銃剣 (6p)

軍刀抄  軍刀について (14p) 村田刀・三笠刀・興亜一心刀・造兵刀・振武刀・群水刀・素延べ刀・兼用刀・関の軍用日本刀・耐錆鋼刀・
                 江村刀・陸軍受命刀匠規格刀  狭義日本刀(九段刀・菊水刀など)は別項

     軍刀評価  実戦使用記録  実戦刀譚  実戦使用率  軍刀論  軍刀需給の実情と造兵刀  戦場の軍刀

     
満鉄刀の全貌(6p)  軍刀身の研究  将校用軍刀の研究(7p)

別 章  
日本刀考 (日本刀の考察、古代製鉄、歴史・戦史、他 63page)

      番 外 外装補修(2p)  特 記 偽物軍刀注意(3p)           協 賛・広報 日本近代刀剣研究会

終わりに (開設の趣旨、ご協力者)  参考文献  推奨リンク  お知らせ (2017年7月1日)




  ※ 更新: (2017_06_20):「九八式軍刀」→「一貫斎国護・兼正」の写真を全面刷新
        (2017_06_16):「九八式軍刀」の項に、受難の満鉄を追加
        (2017_05_15):「軍刀について→興亜一心刀」の項に、新刀身画像を差し替え
  ページ手直しを随時行っています。特に、Google Chromeや、Androidタブレットの閲覧では更新ボタンを押して下さい
 
 ホーム  歴史・戦史  日本刀

  
English edition (101page)
         本サイトの写真・図画及び文章の無断使用を禁じます
   
 E-メール

 開設: 2002年12月20日