銃剣(5)0

村 田 式 銃 剣

Murata Bayonet 1880-1897

陸軍 村田式銃剣  | 軍刀 | 軍刀について | 銃剣目次 | 九八式 | 九四式 | 海軍太刀型





明治十三年制定・村田十三年式銃剣

明治十三年に制定された十三年式村田銃(単発式)用銃剣。三十年式銃剣との大きな相 違点は剣身の形状にある。
剣先が諸刃の剣になっている。 (剣長:71.0p・刃長:57.0p・重ね:0.9p、彫溝長:35p、鍔厚:0.8p・鍔天地:10p)

Murata Type 13 bayonet 1880

The bayonet for the Murata Type 13 rifles (single shot type) enacted in 1880.
The big difference with a Type 30 bayonet is in the shape of a blade. The tip part of the blade is a double-edged sword. (Sword length: 69.5cm, Blade length: 56.5cm: Kasane: 0.9cm, Fuller length: 35cm).





彫溝先端の先から両刃剣になっている。三十年式に比べて刃長は16.5p長い。鞘は黒革製  
It is a double-edged sword from before the tip of a fulleri. Compared with theType 30 bayonet,
the blade length is long 16.5cm. Black leather scabbard.


















柄頭とシリアルナンバー
Tsuka-gashira and serial number


着 剣 方 法

 明治13・18年単発村田銃は、銃尾から見て銃先端右側面に着剣。従って剣身は水平を向く。22式連発銃以降は銃の下に着剣(剣身は垂直)されるのと基本的相違がある。大東亜戦争時代の学校軍事教練配属将校も着け方を知らなかったと云う

The bayonet equipping method

 In Type 13 and Type 18 Murata rifle, it sees from the back of a rifle, and this bayonet is attached to the right-hand side side at the tip of a rifle. Therefore, the blade becomes level. The bayonet is attached under a rifle after Type 22 Murata rifle.

着剣情報ご提供: 安原久悦 様(軍事教練で実体験)
写真提供: (Mr.Steve.J. Forner)



他の村田十三年式銃剣
Other Murata Type 13 bayonet








鍔側面中央に菊の紋章?刻印。識別困難。 剣身左側鍔元にある「渡」の刻印。検査官名と思われる
There is a crest stamp of a chrysanthemum in the center of the guard side Discernment difficulty.
Blade left-hand side has a stamp of "Watari". This Kanji character is presumed to be an inspector name.



写真提供: 施 純男(Shih Chun Nan)様 (在: 台灣省彰化市)






明治二十二年制定・村田二十二年式銃剣

明治二十二年に制定された村田連発銃用銃剣
後期型 (剣長:37.0p・刃長:28.0p)

Murata Type 22 Bayonet 1889

Murata Type 22 Bayonet for Type 22 Murata magazine rifles enacted in 1889.
Latter-term type: (Sword length: 37.5cm, Blade length: 28.0cm).




















鍔の中央に菊の紋章
It is a crest of a chrysanthemum to the center of a guard.








  2013年11月24日より 無料カウンター 直接ご訪問(経由を含まず)
ページのトップへ

四四式銃剣  銃剣目次  軍刀  軍刀について →
Type 44 Bayonet  Table of contents
About a Guntō →