九八式軍刀 (1)0

恩賜軍刀「靖延」・末古刀・造兵刀

Royal gift Guntō "Yasunobu",Kotō,Zōhei-tō

九八式軍刀 1・2・3 | 軍刀 | 軍刀について | 軍刀制定勅令類 | 九八式目次 | 九四式目次 | 海軍太刀型目次
ペー ジ内検索  末古刀 | 造兵刀

恩賜軍刀「靖延」

恩賜軍刀: 靖延、九段刀(靖国刀)、( 刃長: -p・反り: -p )、鉄鞘 (帯青茶褐色)、透かし鐔、丸紐猿手、駐爪式、
佐官刀緒付 全長-p

Royal gift Guntō "Yasunobu"

Royal gift Gunto: "Yasunobu", Kudan-tō (Yasukuni-tō), (blade length : -p, Curve : -p ),
Iron scabbard (bluish blackish brown) Openwork guard, Round string knot loop (Sarute),
and spring-clip(Chuso) type, With a plasterer tassel, -cm in full length

                                    

鍔は金色。金具、柄糸は茶褐色。丸紐猿手
A guard (Tsuba) is golden. A metal parts and a Tsuka-ito are blackish brown. Round string knot loop (Sarute)







靖延、近代刀
Yasunobu, Modern-tō



      
            規定通りの丸紐猿手、親粒付き鮫皮柄巻きなど、上質な造り
          High-quality structure of the round string knot loop as regulation,
          a rayskin(Same-gawa) binding hilt(Tsuka) with a large drop, etc.



   恩賜ハバキは銀無垢
   The blade collar (Habaki) of a royal gift is silver pure material.


   銘: 靖延謹作 (靖国刀匠)
   裏銘: 昭和14年12月吉日

   Mei: Yasunobu Kinsaku (Yasukuni-swordsmith)
   Back Mei: December, 1939 lucky day.


1
     

無名・末古刀

標準型: 無銘、末古刀、(刃長:72.4p・反り:1.8p)、鉄鞘(国防色石目半光沢塗)
透かし鐔、全切羽装備、駐爪式 (刀緒後付けの為、佩用将校の官位不明)
(全長:104.5p)

With no Mei and end Ko-tō

Standard type  Mu-mei、Ko-tō, (Blade length: 72.4p, Curvature: 1.8p), Iron scabbard: Blackish
brown green semigloss coating., Spring-clip, Openwork guard, All the washers equipment,
With the tassel for company officers, Overall length: 104.5p.























三つの目釘穴が刀身の変遷を物語る
Three peg-holes tell changes of a blade.






 
 
 


  
 



2
     

造兵刀 (小倉陸軍造兵廠)

     標準型: 造兵刀(推定)、造兵廠刻印、(刃長: 65.0p・反り: 1.65p)、透し鍔、鉄鞘(茶色光沢塗)、駐爪式、
                         尉官刀緒付  全長: 96.0p

Zōhei-tō (Kokura Arsenal's blade for officers)

Standard type: Zōhei-tō、Arsenal stamp, Blade length:65.0p, Curvature:1.65p,
Mallow-shaped openwork guard, Iron scabbard: Dark brown. gloss paint, Spring-clip.
With the tassel for company officers, Overall length: 96.0p











樋付き中直刃 Naka-suguha
造兵廠製刀身 The arsenal blade








 後期「造兵刀」には、初期 の現代鍛錬刀と、末期の陸軍刀剣鋼を使用した九五式軍刀々身の改良型があったと推定されている。
 この刀身は末期型と推定する。刃長と樋の形状からみて、将校用に販売された九五式軍刀々身でないことは確かである。










 小倉造兵廠マーク
 刻印は大変小さい
Kokura Arsenal mark:
 A stamp is very
 small.

               規定通りの丸紐猿手。古太刀のような柄反り
     The round string knot loop as regulation. Hilt curvature like an old Tachi.





 「セ」は小倉陸軍造兵廠第二製造所の検査印
 セ=Se of the katakana of a Japanese character.
 This inspection stamp is the Second Factory of a Kokura Army Arsenal.

 この刀身は、樋の太さ、中直刃の刃紋、刀身緒元から見て九一式-九五式の下士用刀身ではない。
 工廠専属刀匠が打った刀なら刀匠銘が入る筈である。
 又、民間刀匠に委託したものなら茎は「星」刻印で刀匠銘が入らなければならない。
 制式造兵刀の諸元が判らないので何とも断定出来ないが、この刀身と同じものが他に確認されている。
 その刀身も茎に造兵廠刻印及び製造工場検査印が打刻されている。
 従ってほぼ量産品とみられる。これらから判断すると、試製又は制式造兵刀ではないかと推測する。
 只、外装は透かし鍔で、鞘の光沢塗りも初期型の雰囲気を漂わす。
 何故三式外装ではなかったのか。刀身と外装のズレが少し引っかかる。
 他に確認された物もこれと同様の柄反りを持ち、透かし鍔が付いている。柄は共に親粒つきのしっかりした外装である。
 同一外装会社を使った可能性がある。
 外装会社に依って金具に差があるので必ずしも初期型外装とは言えないかも知れない。
 造兵刀の真相が明らかになれば別だが、現時点では制式造兵刀とみるのが妥当と判断した。
 This blade is a mass-production blade for the officer forged with the Army Arsenal from 1943. A formality name is called Zōhei-tō."
 A blade has a tempered line of Naka-suguha and a fuller.

( 造兵刀写真提供 Photograph offer: Mr.Ronny Ronnqvist in Finland )

Ronnqvist氏は「日本-フィンランド文化友の会」の会長を20年間勤められている。
天皇・皇后両陛下のフィンランドご訪問に際してはご案内役を勤められた。
日本文化と日本刀に大変精通された親日家で、幕末から昭和終焉の日本の歴史に特に関心を持たれている。

Mr. Ronnqvist was the chairman of a Society called "Finland-Nihon Bunka Tomo no Kai" for 20 years already.
He is the collector who was very well versed in Japanese culture and a Japanese sword.
He is a Finn who got interested in especially the history of Japan of the Edo,Bakumatsu and Showa periods.




 2013年10月29日より 無料カウンター 直接ご訪問(経由を除く)
ページのトップへ

九八式目次  軍刀について  軍刀  九八式軍刀(2) →
The index of Type 98  Contents
Type 98 (2) →