九八式軍刀 (8)0

平 成・新 軍 刀 試 案

The new Guntō tentative plan in the present age, "Nagamitsu"

九八式軍刀 18 | 軍刀 | 軍刀について | 九八式 | 九四式 | 海軍太刀型




平成・新軍刀試案


平成・新軍刀試案「長光」

新軍刀外装試 案 銘: 長光、近代刀、 (刃長: 66.5p・反り1.8p)、透かし鍔: 金鍍金、全切羽装備、駐爪式、
鉄鞘: 濃灰色漆塗り、金具: 緑塗り・小縁と桜花葉金差し、柄糸: 明灰色、大粒鮫皮柄巻、尉官刀緒付
(ベース: 九八式軍刀) 全長: 101.5p

The new Gunto tentative plan, "Nagamitsu"

Tentative plan Mei: Nagamitsu, Modern-sword, (Blade length: 66.5p, Curvature: 1.8p), Aoi-shape openwork
guard is plated with gold. Iron scabbard: Dark gray Japanese lacquered, Metal fittings: Green
coating. A Koberi and a cherry-blossoms leaf are plated with gold. All the washers equipment,
Spring-clip. Tsuka-ito: Bright gray, With the tassel for company officers, Overall length: 101.5p
(The mounting of the base Gunto was damaged with dirt.)



                                    









  
      
柄の鮫皮、柄糸、小切羽三種とハバキは新製。総ての金具に彫金の
技術が施された。鍔内側の緑塗装、小切羽を含めた精緻な工作精度。
金具浮彫りに金を差して「華麗」な雰囲気となった
 A new rayskin and Tsuka-ito were bound around the hilt. Three sorts of small washers and a collar were made newly.
 Technology of metal carving was given to all the metal fittings.
 Metal fittings are green paint. A Koberi, cherry blossoms, and a leaf are plated with gold. Therefore, metal fittings became a splendid atmosphere.


 
猿手は彫金の手が入り二連桜花となった。
各金具の桜花葉に施された彫金技術と金差し
By metal carving, the cherry blossoms of
the Knot loop became double.
           






 制式規定金具に全て彫金の手が加えられている。
 桜花葉に金が入り、地味な陸軍刀外装が古の太刀拵え
 のように「荘厳・華麗」に変身した。

 戦地に赴く士官に、せめてこの様な軍刀を佩用して欲
 しかったという石川様と工房のスタッフの方々の思い
 と願いがこの九八式軍刀となって蘇った。
 そうした想いでこの軍刀はご覧下さい。

 
 


 明治の建軍以来、陸・海軍の軍刀は洋刀形式サーベルの歴史が永い。
 陸軍は昭和9年に日本の太刀を模した新軍刀外装を制定した。
 この新軍刀外装の最終案に至る迄に「複数の試案」があったであろう事は想像に難くない。
 筆者は、数種あったであろう「試案」に思いを馳せていた。
 冑金、縁、口金、石突には「櫻葉」・「櫻花」(制式の呼称、本サイトでは一括して「桜花葉」と標記)の 浮彫刻が施されている。
 金具は「銅鍍金、金色小縁トス」と規定されていたが、折角の「桜花葉」浮彫をどうして魚子地と同色にしたのであろうか ?
 なぜ、金色と規定しなかったのかという思いがつき纏っていた。
 規定塗色である柄糸・鞘の「帯青茶褐色」の陸軍刀は、海軍刀に比べて極めて地味である。
 服制(軍装)の一部である将校佩刀外装の具備要件は「気品と優美」さにあるという思いが強かった。

 当時の新聞は新外装を「絢爛優美」と讃えたが、規定通りの現実の陸軍刀はその表現とは少しかけ離れていると筆者は感じる。
 当時、軍刀外装に「美」を求めた粋な将校達がかなり存在した。その証が鞘、柄糸、金具塗色等の特注外装の存在である。
 その一つに「桜花葉」の金差しがある。現存する九八式の中には明らかに「桜花葉」の金差しがある。
 「桜花葉」に金を差す丈でも、地味な軍刀外装が実に華麗な雰囲気に生まれ変わる。
 太刀に範を採れば「桜花葉」の浮彫は、小縁と共に金を差すのが当然と思えるのだが、質素を旨とする非常時の世相と、軍服との
調和、野戦使用を考慮し、「桜花葉」の金差しを控えて地味な配色規定にしたのではなかろうか。
 外装策定には刀装の専門家も介在していた筈だから、美的感覚の欠如とは思いたくない。
 然し、何となく惜しいという思いが拭えなかった。
 72年の時を経て、一流デザイナーの方々が、ここに新軍刀の「if=もしも」を再現された。

 The Guntō of an army and a navy has had the long history of the saber of Western sword form since the Japan milytary foundation in Meiji.  The army enacted the new Guntō mounting which made the Japanese Tachi the model in 1934.
 It seems that there were two or more tentative plans by the time it resulted in the final plan of this new Guntō mounting.
 The color of formality metal fittings was specified as copper plating and a golden Koberi.
 Why was the "cherry-blossoms leaf" of engraving made into the same blackish brown as a Nanakoji ?
 The regulation color of the blackish brown of a Tsuka-ito and a scabbard is very modest compared with a naval sword.
 Those days, the stylish officers who demanded "beauty" of the Guntō mounting existed considerably.
 As a result, special order mounting, such as a scabbard, a Tsuka-ito, and a metal-fittings painting color, remain considerably.
 Golden plating of the "cherry-blossoms leaf" of engraving exists as one example.
 If it plates with gold at the "cherry-blossoms leaf" of engraving, a simple Guntō mounting will be born again very splendidly.
 If the Tachi was made into the model, it could think that gilding of a "cherry-blossoms leaf" was natural, but the final plan was made the same as a Nanakoji.
 It seems that this withholds gilding of a "cherry-blossoms leaf" and carried out it to simple color scheme regulation in consideration of harmony with a military uniform, or use by a field battle.
 Since the specialist in a sword decoration should also have participated, I do not want to think lack of aesthetic sense in mounting decision.
 However, I thought that it was regrettable somehow.
 This time. first-class designers had "if" of a new Guntō reproduced through the time of 72 years.


         
   銘: 長光 (陸軍受命刀匠)
   Mei: Nagamitsu






 この「長光」を修復されたのは、前掲の「助廣」を修復された石川様とその工房のスタッフの方々である。
 刀身研磨、金具の彫金、切羽、ハバキ、柄周りの新製に、刀装専門職人の方々との協業で一年以上の時間を費やして完成された。
 此処は日本の宝飾デザインの草分け的存在であり、世界のトップレベルと評されている著名なデザイナーの方の宝飾品製作工房で
ある。
 今回の九八式「長光」のオリジナルは、鉄鞘のみ健全で、金具その他は汚破損をしていた。
 量産制式金具に独自の彫金技術を付加されたのは前回の「助廣」と同様であるが、今回は更に踏み込まれ、外装配色も根本から見
直された(動機は前掲「助廣」に記述しているので再読されたい)。
 
 世界の彫金・宝飾トップデザイナーの方が、将校軍刀の外装を独自の審美眼で見直された事はそれ自体が希有の事である。
 この試みはそれ丈でも充分に意義ある事と言えよう。
 筆者は、昭和8年当時の新軍刀試案の一つとしてこの軍刀を重ね合わせて見た。
 戦後、刀身もさること乍ら、外装品位も軍刀が粗悪と評された要因だといえる。
 量産金具であるが故にやむを得ない面もあるが、当時でも、配色や金差しの工夫次第で制式軍刀のイメージは大きく変わったので
はないかという思いが常にあった。
 この外装提言を見て更にその感を深くした。
 幾つかあったであろう当時の試案の一つとしてこの軍刀を見ると、実に示唆に富み、興味を惹く内容である。   
 歴史を「もしも=if」の視点でみると、無限の想像を掻き立てられる。

 This "Nagamitsu" was restored by Mr. S. Ishikawa and the staff of that studio. It is the same as that of the restoration person of Type 98 Guntō "Sukehiro" shown above. In new manufacture of blade polish, the metal carving of metal fittings, a washers, a collar, and a hilt, in cooperation with the professionals sword decoration, one year or more of time was spent, and it was completed. Mr. Ishikawa's studio is a pioneer of the jewelry design of Japan, and it is a jewel manufacture studio of the prominent designers commented to be the top levels in the world.
 Only the Iron Scabbard of the original of this Guntō was healthy, and metal fittings and others were carrying out dirt and breakage.
 It is the same as that of the last "Sukehiro" which performed metal carving original with the formality metal fittings of mass production.
 However, the color scheme of the mounting was also improved further this time. Since it has described to the above-shown "Sukehiro", please reread the motive.
 It has rare itself that the top designers in the world of metal carving and jewelry improved the mounting of the officer Guntō by an original aesthetic sense.
 This trial was very significant.
 I piled up this Guntō in 1933 as one of the new Guntō tentative plans of those days.
 After the war, the grace of the mounting was the factor which commented that a Guntō was crude.
 Since it was mass-production metal fittings, it was unavoidable, but probably, the image of the formality Guntō
changed a lot by the device of a color scheme or gilding.
 I deepened that thought further, seeing this mounting proposal.
 When this Guntō is seen as one of the tentative plans which probably existed partly, they are contents which charm interest very much.
 If history is seen from the viewpoint of "if", I can arouse infinite imaginative power.



(石川志珪夫様所蔵) 外装デザインと修復及び写真ご提供:石川様と工房スタッフの皆様
This Guntō was restored by Mr. Sigeo Ishikawa and the staff of his studio.


平成に蘇る九八式軍刀



  2013年10月29日より 無料カウンター 直接ご訪問(経由を除く)
ページのトップへ

九八式(7)  九八式目次  軍刀について  軍刀  九八式軍刀(9) →
Type 98(7)  The index of Type 98  Contents
Type 98 (9) →