三式軍刀 (1)0

市原一龍子長光

"Ichihara Ichiryushi Nagamitsu"

三式軍刀 1  | 軍刀 | 軍刀について | 軍刀制定勅令類 | 九四式 | 九八式 | 太刀型

市原一龍子長光

標準型 在銘: 市原一龍子長光、近代刀、 (刃長: 63.7p、反り: 1.7p)、防塵2分割口金、駐爪式、
柄糸一貫巻き、鉄鞘・黒叩き塗り、全長: 101.0p

"Ichihara Ichiryushi Nagamitsu"

Standard type  Mei: Ichihara Ichiryushi Nagamitsu, Modern-sword, (Blade length: 63.7p,
Curvature: 1.7p, Protection-against-dust split throat, Iron scabbard: Black semigloss
uneven coating, Spring-clip, With the tassel for company officers, Overall length: 101.0p















茎(目釘穴2ヶ所)
Swod-tang are two peg-holes.




柄糸一貫巻き漆塗
A lacquered Tsuka-Ito Ikkan binding


  兜金 Pommel
     
      第二目釘 The second peg (Mekugi)



目貫 Menuki


防塵二分割口金




  切羽側に装着された二分割防塵口金



    切羽側に装着する二分割防塵口金
 This is the halving dustproof throat with which
 the washers side was equipped.




             口金と駐爪ボタン    




         ↑
  縁金具の駐爪ボタン
どちらのボタンで も、刀身留めが解除出来る




切羽側の口金が鞘の口金に被さって閉じられている状態




黒色叩き塗り




縁に桜葉、石突に桜花の浮き彫り。佩鐶の櫓(やぐら)金は桜花葉模様。九四式、九八式に比べて模様は簡素
金型の精度が悪く、浮き彫り模様が甘い



   


太刀銘; 市原一龍子長光

Tachi-mei: Ichihara Ichiryushi Nagamitsu



長光: 陸軍受命刀匠。銘は「長光」・「市原長光」・「市原一龍子長光」と
切るものがある
岡山住、本名不明
昭和19年陸軍々刀技術奨励会展に於て、「指定刀匠の部」に名前を連ねている

世上、「監獄長光」と言われていたが、岡山刑務所の作刀銘は「江村」である為、
この噂は間違いのようだ

Nagamitsu is an army commission swordsmith. Meis are "Nagamitsu",
the "Ichihara Nagamitsu", and "Ichihara Ichiryushi Nagamitsu."  





            (荻野一信氏所蔵)




                         2013年11月8日より  直接ご訪問(経由を除く)
ページのトップへ

三式目次  軍刀  軍刀について  太刀型軍刀  三式 (2)
Index of Type 3  Table of contents Type Tachi  Type 3 (2)