海軍長剣(1)0

海軍長剣「無銘」 Naval saber "Mumei"

海軍長剣 1   | 軍刀 | 軍刀について | 九四式 | 九八式 | 太刀型
ページ内検索 | 海軍上海特別陸戦隊

無銘 "Mumei"

海軍長剣・両 手握り 無銘、古刀、(刃長:66.0p・反り: 1.6p)、茶研出鮫皮巻木鞘、錠蓋式刀身止、
金具模様: 桜花高彫・葉毛彫、士官刀緒付  (全長: 97p)
海軍はサーベル軍刀を短剣に対して「長剣」と呼称した

Naval saber: Both-hands grip type Mumei、Ko-tō, (Blade length: 66.0p, Curvature: 1.6p),
Brown polished-and-lacqurered rayskin binding wooden scabbard, Blade stopper of the foldaway guard,
Metal-parts pattern: Cherry blossoms are convex engravings and a leaf is a
Line engraving. With an informality tassel for officers, Overall length: 97.0p.























金具の彫り模様
The engraving pattern of a metal parts




護拳鍔兼用刀身止錠蓋。「閉」の状態
Blade stopper of the foldaway guard, state of "closed"


             開 Open
   
               閉 Stops




        輪胴の模様
    The pattern of a locket
     
      縁模様
  Ferrule's engraving pattern






石突模様
Chape's engraving pattern







(松原 聡氏所蔵)

1



海軍上海特別陸戦隊


昭和7年、帝国海軍上海特別陸戦隊の士官達
The officers of the Imperial Japan navy Shanghai special landing force in 1932.

 向かって左の二人の士官が佩用しているのは二佩鐶の陸軍サーベルのようである。二列目右から二人目の士官佩刀も鉄鞘である。
 事変の拡大で、陸軍サーベルを調達したのではないかと推測する。
 右端の士官刀緒は海軍刀緒と判断出来るが、中央と左端の士官刀緒は陸軍刀緒に見える。写真の写り方に依るものだろうか?

 Two left officers' saber seems to be the army saber of two suspension mounts. The second officer's saber is also an iron scabbard from the second row right. By expansion of an incident, it is surmised whether the army saber was supplied.
 Although a right end officer tassel can be judged to be a tassel of a navy saber, the tassel of the saber of a center and a left end is visible to an army tassel. Does it depend on how for a photograph to be taken ?




                         2013年11月20日より 無料カウンター 直接ご訪問(経由を除く)
ページのトップへ

旧軍刀長道・祐定他   軍刀  軍刀について     東郷元帥長剣 →
Army Nagamichi etc,  Contents   Admiral. Togo's saber →